VimでTopCoderの追記

Ubuntu環境でVimCoderを使うにあたって、注意点がいくつか見つかったから備忘録的に。

 

①OpenJDKはダメ

僕の環境にはすでにOracle謹製JDKが入っていたから気づかなかったけど、前回の僕のエントリを参考に友達に布教活動をしていたら、ここで詰まった。

友達の環境にはOpenJDKが入ってたんだけど、これだとTopCoderアプレットが起動しないのでダメでした。

インストールには、まず公式ページの"Java Platform (JDK) 7u4"のところから.tar.gzをダウンロード。jdk-7u4-linux-i586.tar.gzみたいな名前。

次に、コマンドラインでのインストール作業。

$ tar -xvf jdk-7u4-linux-i586.tar.gz

$ sudo mv jdk1.7.0_04/ /usr/lib/jvm/jdk1.7.0

$ sudo update-alternatives --install "/usr/bin/java" "java" "/usr/lib/jvm/jdk1.7.0/bin/java" 1

$ sudo update-alternatives --install "/usr/bin/javac" "javac" "/usr/lib/jvm/jdk1.7.0/bin/javac" 1

$ sudo update-alternatives --install "/usr/bin/javaws" "javaws" "/usr/lib/jvm/jdk1.7.0/bin/javaws" 1

$ sudo update-alternatives --config java

$ sudo update-alternatives --config javac

$ sudo update-alternatives --config javaws

java -version

update-alternatives --config のところでは、今回インストールするjavaを指定してやればいい。

 

TopCoderアプレットでのエディタ設定で打ち間違い

友達が"VimCoder"って打つ所で"VImCoder"って打って出てきた「Javaがおかしい」みたいなエラーメッセージをめぐって10分くらいケンカになった。

あとVimCoder.jarのパスを入力するところでは、NeoBundle使ってると~/.vim/以下に入るってのに注意。

つまり、Browsボタンはあるけど、隠しディレクトリは見えないから手打ちしなきゃです。

 

ちなみに、EclipseCoder派の人はこちらが参考になると思われる。

僕もWin使いならこっちだったであろう。