ubuntu12.04にrvmからrailsまでをインストール

まずはrvmのインストール。rvmはperlで表すならperlbrewらしい。

$ sudo apt-get install aptitude

$ sudo aptitude install git-core curl

ここからは公式マニュアルに従ってインストール。

curl -L https://get.rvm.io | bash -s stable

$ source ~/.rvm/scripts/rvm

必要なライブラリを見てインストール。

$ rvm requirements

$ sudo apt-get install build-essential openssl libreadline6 libreadline6-dev curl git-core zlib1g zlib1g-dev libssl-dev libyaml-dev libsqlite3-dev sqlite3 libxml2-dev libxslt-dev autoconf libc6-dev ncurses-dev automake libtool bison subversion

ターミナルを再起動してruby1.9.3を入れる。

$ rvm install 1.9.3

このままだとターミナルを再起動すると設定が消えるから1.9.3をデフォにするんだけど、ここによるとターミナルアプリケーションの設定をいじるらしい。

編集->プロファイルの設定->”タイトルとコマンド”タブ->"ログインシェルとしてコマンドを実行する"にチェックを入れてから次。

$ rvm use 1.9.3 --default

自動的に入っているgemを使ってrailsを入れる。gemはperlで表すとcpan

$ gem update --system

$ gem install rails

 

酔った勢いでブログを書いたからどこか飛んでいるかもしれない。