JSON日の金曜日(仏滅)にRFCを読んだ話

また勉強会に行ってきた→JSON日の金曜日

しかしギー潟住民である僕の場合は、「行ってきた」より「みんなが来た」って言ったほうが正しいと思う。

主催者のなかざんさんはネタ的イベントで通していたけど、ガチ発表が多くて想像と違った。

僕は今までJSONほとんど使ったことなかったのでJSONRFCを読む(だけ)の発表にしたけど、これまであまりRFCを読んでいなかったから

・英語だけど思ったよりも読みやすい(シンプル)

・必要なことは体系的に書いている

・ブログとかの二次情報には書いていないこともある

ってことを新たに発見した。

RFC4627 Reading
View more presentations from Yuuki Tan-nai

 

他の人の発表を聞いてて印象に残ったことは、「JSONを使うのは簡単だけど、使いこなすのは難しい」ということ。

JSONはたくさんのプログラミング言語で使えるけど、それを処理する方法によってパフォーマンスが大きく変わるらしい。

一つの言語にも複数JSON関連ライブラリがあるから、プロジェクト毎に期待されるセキュリティ要件(リバースエンジニアリング対策とか)や処理速度を満たす適切な選択をする必要がある。

JSONコネコネするだけならすぐだけど、運用フェーズまで降りるときには色々考えなければならない罠があるっぽい。

 

その後の懇親会では"僕の生活力の無さ"disが横行してヤバかった。

 

-----参加した方のブログ-----

(不足などあったらコメント願います)

猫型さん life.should be_happy # => 1 examples, ? failures

hayajoさん VimとJSON

なかざんさん Androidで使えるJSON-Javaライブラリ

sasa+1さん 四角革命前夜